生理やピルに関するアンケート調査結果(2021年3月②)

アンケート結果

こちらのページでは生理やピルに関するアンケート調査結果をまとめています。

アンケートの概要

2021年にクラウドソーシングで女性を対象に選択式と記述式で調査。

アンケート対象:一般女性

回答者数:25人

回答者の年齢構成

今回のアンケートの年齢構成です。

回答者は全25人、20代・30代・40代がメインとなります。

アンケート結果

Q.1 生理で一番気になることは何ですか

生理で気になることとして、「生理痛」が最も多数派であり、次に「漏れの心配」という結果でした。

その他として2件回答があり以下の内容でした。

「その他」の内容
・更年期だからか生理が来なかったり、来たら10日ぐらいずっと出血している
・フワフワと雲の上を歩いているような感覚になり、歩行も難しい状態になり毎回大変です。

Q.2 生理周期はどのように管理していますか

生理周期の管理方法は「スマホアプリ」が最も多く、続いて「携帯のカレンダー機能」、「手書きの手帳」という結果でした。

また、「その他」の内容は「ピルを服用しているので正確に周期を把握している。」という回答でした。

Q.3 生理で勉強や仕事、家事に影響があった経験はありますか

生理の勉強や仕事・家事への影響は、6割以上の人が「ある」という回答でした

どのような影響があったかの内容は以下の通りです。

生理の勉強や仕事・家事への影響の詳細
・学生時代に痛みがあまりにひどくて予備校を早退した。生理中は頭がぼんやりして判断力が鈍るので車の運転を控えている。
・お腹が痛くて授業中に保健室で仮眠をとるようになったこと。
・急な生理痛で早退
・座りっぱなしの仕事なので漏れたことがたる
・プールや温泉に入れなかったり、台所の立ち仕事が多いと貧血による目眩や生理痛で頻繁にしゃがみながら作業するので家事が進まない。
・寝たきりになって仕事ができなかった。
・生理痛や生理中に頭痛があったりするので勉強に集中できなかったり、ドバッと血が出た感覚があったがすぐにトイレに行けない状態で漏れてないか不安になる。
・集中出来なくなります。
・仕事で行きたいときにトイレに行けない状況で、漏れが気になって集中できなかった。
・勉強時に関しては学生の頃の話になりますが、水泳の授業が2限目にあったため、朝から制服の下に水着を着用しタンポンをつけておりました。しかし量が多かったためか1限目後席を立つと椅子に血が付着しており大変な目にあいました。 また、最近ですと生理痛が重い時には家事まで手が回らず横になって安静していることもありました。
・貧血とめまいと腹痛で仕事に行けず、休みをとることが多いが、頻度が重なり職場に迷惑をかけてしまっていることで毎回申し訳なく思い落ち込んでしまいます。
・出血が多く貧血になり、立っているのがつらい時があった。・痛みが酷く家事が思うように出来なかった。

Q.4 生理で学校や仕事を休んだことはありますか

生理で学校や仕事を休んだことがあるという人は3割弱という結果でした。

Q.5 生理痛が辛い時の対処法はなんですか?(複数ある場合は最も該当するもの)

生理痛が辛い時の対処法は、「市販の痛み止めを飲む」という人が圧倒的に多数派でした。

「その他」1人(4.0%)の内容は「お腹を温める(冬場で外の場合はカイロを貼る)」というものでした。

Q.6 今までに生理に関することで産婦人科やレディースクリニックに受診したことはありますか?

生理に関して産婦人科やレディースクリニックの受診の有無については、半数程度が受診したことがあるという回答でした。

Q.7 次の生理用品で知っているものを全て選んでください

知っている生理用品に関しては、最も多いのがナプキンで100%、最も少ないのはミレーナの4%という結果でした。

Q.8 次の生理用品で実際に使ったことがあるものを全て選んでください

使ったことがある生理用品に関しては、ナプキンが圧倒的に多く、その次がタンポンという結果でした。

Q.9 次の生理用品でこれから使ってみたいものを全て選んでください

これから新たに使ってみたい生理用品として、月経カップが最も多い結果となりました。

Q.10 低用量ピルに対して「危険」や「怖い」といったイメージはありますか

低用量ピルに関しては、8割近くの人が危険や怖いというイメージを持っている結果となりました。

また、その理由としては以下のような回答がありました。

低用量ピルに対して「危険」や「怖い」と思う理由
・ 生理のリズムがくるってしまうのではないかと思うから。
・ ピルについての知識はあまりないですが、人によっては副作用があると聞いたことがあり、薬なので少し怖いなと思います。
・ ピルを飲みすぎると体に良くないと聞いたからです。
・ 昔ピルを使っていて辞めた後大量のニキビが出来たから
・ 薬なので副作用は人によってあると思うが、日常生活を送る上で影響が出ない程度かわからないので使用するのは怖いと思う。
・ 副作用が後々まで続かないか心配。
・ 他の薬を常時服用しているのでその薬と飲み合わせて良いのか解らない
・ 子供が出来にくくなるなど不安になる噂を聞いたり、ずっと飲み続けないといけないという話を聞いたりしたことがあるから。
・ 副作用が起きるのではないかと不安になるから
・ 副作用でだるくなるのではないか心配です。
・ やはり副作用で抵抗感があります
・ 薬品には副作用が付き物だと思うので、飲んだときに体に影響はないのか、長期的に見るとどうなのか分からないので不安があります。
・ 友人が副作用でよく吐いていた。
・ 副作用があるものを体に使いたくない
・ 副作用が心配です。妊娠しにくくなりそう。
・ ピルで生理不順になったり、体調不良になりそうなイメージがあるからです。
・ 血栓ができるいうので、注意しないと怖いと思います。
・ 副作用はあると聞いたことがあり不安に感じます。
・ 身体えの影響がです。
低用量ピルに対して「危険」や「怖い」と思わない理由
・ 実際に多くの人が使っているが特に問題があると聞いたことがないから。
・ 旅行に行くときに、病院で処方してもらったことがあったけど、大丈夫でした。
・ 正しい使い方をしたら危険や怖いといったイメージはない。ただ、できるだけ「自然」な状態でいたいので、あまり使いたいとは思わない。
・ 周りで使っている人とがいて問題ないから
・ ピル歴7年ほどになりますが、副作用を感じたことはありません。私は元々周期不定期だったのですが(仕事のストレスで3ヶ月生理が来なかったこともありました)、ピルを服用し出してからは周期管理が出来ますし、旅行などがある場合は自分で調整出来るので、メリットしか感じておりません。
・ 実際にピルを使っているが定期受診をして安全に服用しているので

ピルの入手はオンライン処方サービスがおすすめ

近年は新しいピルの入手方法として、スマホ等のオンライン診療で処方してもらうケースも増えています。

病院やクリニックに受診する方法に比べ、場所を選ばない、移動時間・待ち時間がない、診療時間がフレキシブル、他人の目が気にならないと言ったメリットがあります。

また、海外の通販や個人輸入のように危険が伴うこともありません。

オンライン診療サービスのおすすめを以下の記事でまとめているのでこちらも確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました