男性に聞いてみた、生理やPMS・ピルに関するアンケート調査結果(2021年4月②)

アンケート結果

こちらのページでは生理やPMS・ピルに関するアンケート調査結果をまとめています。

アンケートの概要

2021年にクラウドソーシングで男性と女性を対象にほぼ同じ質問を選択式と記述式で調査

アンケート対象:一般男性、一般女性

回答者数:男性25人、女性25人

回答者の年齢構成

今回のアンケートの年齢構成です。

アンケート結果

Q.1 女性の生理について自分の理解度はどの程度だと認識していますか(男性への質問)

生理に対する自分の理解度について、「ある程度理解している」と思う男性が36%、「やや不足」と思う男性が44%、「かなり不足」と思う男性が20%という結果でした。

「かなり理解している」という回答はなく、理解が不足している認識がある男性が比較的多い結果となりました。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「ある程度理解している」と回答の男性の意見

・かつて、女性ばかりの職場にて管理経験があるため。
・当事者ならば詳しく書けるのだが。
・人によって、痛さ等個人差がある
・話しを聞いて分かるが、感覚までは理解できない。
・イライラしたり、おなかが痛くて寝込んでいたり
・彼女がいますので、ある程度は理解していると思っています。
・妻がの生理の時しんどそうだから。
・血が出る、なんかがでてくる、妊娠なし
・妻が生理痛が酷くて苦しんでいるのを見ているため。

「やや不足」と回答の男性の意見

・ 月に一回程度の月経周期があり、人によっては体調不良になることもある。
・ デリケートな話題なので、聞きづらいというのが一番の理由です。
・ そういうものがあるのは理解しているが、詳しくは知らないため。
・ 生理自体の仕組みを詳しく理解出来ていないから。
・ どんな感じかわからないからです。
・ 女性に生理の話題についてほとんど話したことがないから。
・ 女性とそのようなお話をする機会がないからです。
・ 生理に対してデリケートな問題であるので気を遣っていますが、知識としてはやや不足していると感じます。
・ 身近にそういう女性がいないし、そういった経験を聞く機会がない。
・ 聞きづらいし、女性側も生理について話そうとしないので
・ 自分の中ではある程度の理解があるつもりでも当事者でない限りわからないことがあると思う

「かなり不足」と回答の男性の意見

・ 女性との関りがほぼ無かったため勉強する機会がなかった
・ 私は女性ではないので、いくら知識を蓄えても理解は難しいです。
・ 生理についてあまり理解しておらず、どのくらい辛いのか想像もできないから。
・ 大変なものだということは理解しているつもりだが、生理についてきちんと学んだことがないため

Q.1-2 生理について一般の男性の理解度はどの程度だと感じますか(女性への質問)

一方で、女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「かなり理解している」という回答はこちらも0%、「ある程度理解している」が12%と男性側よりも低く、「やや不足」が56%、「かなり不足」が32%と不足しているという認識の女性が多い結果でした。

男性側と女性側の意見を比較すると、男性側の自己評価ほど、女性側は理解してもらっていないという認識であることがわかります。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「ある程度理解している」と回答の女性の意見

・ 番組等を見ていると、間違った知識の人もいるが、体調の悪さなどに理解のある人もいるので
・ 夫も友人達の旦那さんも生理の時は優しくしてくれるので、ある程度理解しているのではないかと思っています。
・ お腹を痛そうにしていると気を使ってくれる人も今までにいたから

「やや不足」と回答の女性の意見

・ 主人が私が生理がひどくても理解してくれないからです。
・ 生理自体の存在は知っていても、その内容を理解している男性は少ないと感じることが多いからです。
・ 生理痛の痛みはわからないと思う
・ 生理という言葉は知っているが症状などよく分かっていない人が多いからです。
・ 生理痛の他の症状については知っている人は少ないと思う。
・ あまり公にできる話ではないので、あまり知らないと思います。
・ 男性の年代やライフスタイルによって理解度はまちまちだと思う。例えば、未だに女性の生理に関してタブー視している年配の男性が多かったり、子どものいない独身男性だと間違った先入観を持っていることが多いように感じる。
・ PMSや生理痛が酷いと本当に起き上がれないくらい辛いのですが、「痛そう」というのは理解しているけど、病気でもないのに大袈裟な…という空気があるのを感じるから。
・ 本人的にも、世間的にもそこまで積極的には触れられていない話題だから。なんとなく生理=大変ぐらいしかない。
・ 男性は生理がどういったものなのか、どれくらい大変なのか等わかっていないと感じるからです。
・ 生理痛の辛さはなかなか理解してもらえないから。
・ 生理による体調の変化など、理解はあまりしていないように感じる
・ 生理前後に体調が悪くても、そこまで辛くないでしょ?という態度をとられるからです。
・ 理解してくれてない人もいるからです。

「かなり不足」と回答の女性の意見

・ 誰も教えていないし自分には関係ないと思っているのではないでしょうか
・ 生理を毛嫌いしている印象が強いです。理解しようとさえしないと思います。
・ 生理がどういうものか全く理解していないからです。
・ 教わる場所がない。学校で学ばなければ、のちに自分で調べることはない。
・ 夫は、夫婦で長年一緒にいても生理痛のつらさにも気づかない人なので、よそでそれ以上に理解があるとは思えない。夫がすべてではありませんが、母親や姉もいて、娘もいる人がこの程度かと思うと、一般的にはかなり不足しているのではないでしょうか。
・ 生理痛が重い時がありますが、職場は男性が多く、生理で休むことに対して否定的で理解がないです。
・ 生理で休むなんてと思っている男性がいるため。
・ 自分の主人だけかもしれませんが、経血が何処から排出されていかさえ理解していなかったため。

Q.2 女性の生理について今の理解度よりも改善したいと思いますか(男性への質問)

生理の理解度については、「大幅に改善したいと思う」という男性が16%、「もう少し改善したいと思う」という男性が68%、「特に改善する必要はないと思う」という男性が16%という結果でした。

「大幅に改善したいと思う」と「もう少し改善したいと思う」を合わせると8割以上の男性が改善したいと思っている一方、2割弱の男性は改善の必要がないと思っているという結果でした。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「大幅に改善したいと思う」と回答の男性の意見

・ これからお付き合いする方ができた時に必要な知識になるからです。
・ 改善したいと感じていますが、具体的な行動は起こしていないので、反省すべきです。
・ 女性のことを理解することは大切だと思うから。
・ 女性が生理で体調が悪いときの対処法を知っておいた方がいいと思うため

「もう少し改善したいと思う」と回答の男性の意見

・ パートナーが生理不順で悩んでいるため。
・ 性交渉を求めても月経日に当たると性行為が出来ないこともあるので、その点は考慮できるようになりたいです。
・ 女性特有であり、コロナ禍で問題点が話題になっているので、もうすこし理解を深めるべきだと感じました。
・ 詳しくなるのはいいが、単なる変人と思われるのは勘弁してもらいたい。
・ まだまだどういった点で大変かを理解できていないから
・ 改善出来る方法があるのであれば、改善したい。
・ どういったものなのかを知る事で、当たり前の事として受け止められると思うから。
・ 気分転換させてあげたい
・ 彼女との付き合いの中で彼女の体調も理解したいと思いますのでもう少し改善したいと思います。
・ 最低限知っておいたほうが良いと思ったため
・ 妻が整理の時しんどそうだから、自分に何か出来ることはないか考えたいから。
・ いつか知らないうちにセクハラしてしまうかもしれないから。
・ 学生時代に保健体育でやってから少し経つので、正しい知識アップデートしたい。
・ 生理中のきもちとかよくわからないかる
・ 人並みには知った方がいいからです
・ 生理中の女性に対して気を使ってあげたい気持ちがある
・ まだまだ知らい事が多いと思うため

「特に改善する必要はないと思う」と回答の男性の意見

・ 自身は男性なので男性には関係がないから。
・ あまり女性と関わる機会がないからです。
・ 気持ちがわからないからです。
・ あまり詳しく知りすぎてもそれは少し気持ち悪がられそう。

Q.2-2 生理について一般の男性には今の理解度よりも改善して欲しいですか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「大幅に改善してほしい」が40%、「もう少し改善して欲しい」が60%という結果であり、「特に改善する必要はないと思う」と回答した女性は0%でした。

男性側と比較すると、「大幅に改善してほしい」という意見が多くなり、「特に改善する必要はないと思う」と回答した女性がいなかった点から、男性側が思っているよりも女性側は強く生理の理解度を改善して欲しいと思っていることが読み取れる結果となりました。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「大幅に改善してほしい」と回答の女性の意見

・ 生理痛がキツイ時もある事を理解して欲しいです。
・ 自分が体験できない他人の辛さを理解することは大切だと思う。
・ 女性の人生に関わる重要なことでもあり得るので、せめて大切な相手だけでもどのような症状などがあるか知ってほしい
・ イライラしたり体調の変化があるのは仕方ないことだと分かってほしいです。
・ 理解度を改め仕事や家事の負担を軽減して欲しいです。
・ 生理痛の症状の辛さなどもっと多くの男性に知ってほしい。
・ 家事や仕事をする上で、生理中は辛いこともあるので、その点を理解していてもらえると少しは気が楽だからです。
・ 生理は病気ではないが、薬を飲んでも辛くて仕事にならない日もあるということを分かってほしい。
・ 女性の身体を理解して生きやすくしてほしいため。
・ 辛さをわかってほしい。

「もう少し改善して欲しい」と回答の女性の意見

・ 職場で生理時に痛くても理解してくれないからです。
・ 生理による体調や精神的な不調時に男性の理解があると女性の精神的ストレスが減らせると考えるからです。
・ ほんとうにしんどいんだとわかってほしい
・ そうすれば女性の大変さがわかり、協力を得られることがあると思う
・ 生理での体調不良を理解してほしいです。
・ 男性だから知らなくても良いということにはならないと思う。一般教養として、また、ライフサイクルとして男女の生殖機能に関する知識や理解は深めるべき。
・ 辛い時は本当にしんどくて仕事どころではないので、そこのところをもう少し理解して融通を効かせて欲しいし、理解が深まれば生理休暇も取りやすくなると思うから。
・ 毎月何か症状に見舞われることの大変さコントロールできなさをハンディとしてではなく捉えてもらえる世の中になってほしいから。
・ 生理の大変さ、辛さは女性にしかわからないと思うので、もう少し理解してくれると助かるなと思うからです。
・ 全部理解してほしいとは思わないけど、生理についてちゃんと話し合えるようにはなってほしいと思う。
・ 痛み等自分にしかわからないことはしかたないが、なぜ生理がくるのかや、生理によって生じる体の変化は知っていてほしいと思うから。
・ 娘が現場仕事をしているので、せめて生理の時だけでもきつい仕事ではないようにと祈る思いからです。トイレにも困るだろうなと思うので理解が進むといいなと思っています。
・ 会社の男性など、生理の時には仕事ができないほど辛い人がいるということを理解してくれたら女性は嬉しいと思うから。
・ 眠気がすごいタイプなのだが、それはなかなか理解されないから
・ 生理痛は決してわがままではないことを理解していただけたら嬉しいため。

Q.3 女性と生理に関して話すことに抵抗はありますか(男性への質問)

生理の理解度については、「かなり抵抗がある」という男性が52%、「少し抵抗がある」という男性が28%、「特に抵抗はない」という男性が20%という結果でした。

「かなり抵抗がある」と「少し抵抗がある」を合わせると8割の男性が少なからず抵抗があるという結果でした。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「かなり抵抗がある」と回答の男性の意見

・ タブーであるイメージが強いため。男社会が改善されたとしても、女性としては嫌がるテーマのままであると思われる。
・ そもそも尋ねること自体が失礼な気がしますし、異性ならば尚更抵抗を感じてしまうからです。
・ 逆に考えていただきたい。私に男の精通を話題に振られても、対応に困る。
・ デリケートな事だと思うので、簡単に話そうとは思えない。
・ 女性の体はデリケートですので、精神面でもデリケートですので抵抗があります。
・ そもそも話す機会がなく知識も何もないため
・ あまり大っぴらに話すのは抵抗があります。
・ 生理に関して話をしても理解出来ていないので意味がないから。
・ 聞いて良いことなのか疑問に感じてます。
・ タブーでセクハラになってしまう気がしているから。
・ 血の事を考えたくないからです
・ 妻以外の女性とは話しにくい。というか何を話しても失礼に思われそう。
・ 女性側が話したくないと思っているので

「少し抵抗がある」と回答の男性の意見

・ 妻から生理について詳しく説明を受けたことはありません。又、自分から妻に生理のことについて聞きたいとは思いません。
・ メンタル部分を理解して上げれるか
・ 深入りするような話だから。
・ 女性も人それぞれで、オープンに話したい人もいれば、話したくない人もいると思うので、気を遣います。
・ 性的な話になってしまうので相手が嫌がらないかと思うから。
・ なんだか怖いのと、何聞いて良いか分からない
・ 男性が公で話すことではないと思う

「特に抵抗はない」と回答の男性の意見

・ 配偶者と話をしているので
・ 親しい人であれば抵抗無いです。
・ その状況になったことがないのでわかりませんが、抵抗する理由がないので、普通に対応すると思います。
・ 自然現象なのでなんとも思わないです。
・ 生理現象なのでTPOをわきまえていれば話題にすることは問題ないと思う

Q.3-2 生理に関して一般の男性と話すことに抵抗はありますか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「かなり抵抗がある」が52%、「少し抵抗がある」が36%、「特に抵抗はない」が12%であり、比較的男性側の意識と同じような結果となりました。

現状では男女ともに、生理の話を異性間でするのは何かしらの抵抗があるようです。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「かなり抵抗がある」と回答の女性の意見

・  恥ずかしいから話しません。
・ どうせ生理痛だろうといわれそう
・ 夫なら話しますが、一般の男性に話す事に抵抗があります。
・ 自分自身とても話したくないから
・ お互い理解できると思えないので。
・ 話しても理解されないからです。
・ 恥ずかしいと思ってしまうから、男性に伝えにくい。
・ 家族くらいでないと話はしないと思う。
・ 生理でないときに一般的な話としてはできるかもしれないけど、いざその時に、生理なのでと話すのは、急に気遣ってくださいと申し出ているようで抵抗があります。
・ 男性に生理の話しをするのは恥ずかしいと感じてしまう。
・ デリケートな話なので、あまり知らない男性や会社の男性とは話したくありません。
・ 違いを受け入れるため、説明力が必要。
・ 言いづらさを感じます。

「少し抵抗がある」と回答の女性の意見

・ かなり親しい相手には話せるが、そうでない人(男の子しかいない上司など)は話づらい
・ 興味がないと思うからです
・ プライベートなことなので対面では話したくありません。
・ その男性が、どんなに風に捉えてる人か分からないので。
・ 生理については、男性には共感できないし、わからない話だと思うからです。
・ 小学生のときに生理について学んだとき、男の子には話さないというような教育を受けたため、少し抵抗がある。
・ 「生理痛がひどい」と言っても、恥ずかしそうにされたり、それ以上話を広げないようにする男性を多いイメージで、生理のことを話すと嫌がられる感じがするからです。
・ 恋人や家族でもない限り気持ち悪く感じてしまうから
・ 普通に話せる相手もいますが、性的な関心を寄せる方もいたので、そういう方には抵抗を感じます。

「特に抵抗はない」と回答の女性の意見

・若い頃は抵抗がありましたが、今は抵抗を感じなくなったからです。
・ 結婚・妊娠・出産を経験し、高校生になる娘を育てている今は、生理に関する話題は一切抵抗なく男性とも話ができるようになった。むしろ隠すことでもないし、人間の営みとしては自然な事なので恥ずかしさはない。
・ 普通の生理現象だし、別に隠す必要もないから。

Q.4 女性の生理に対して社会が今よりもオープンになるのは望ましいと思いますか(男性への質問)

生理に対して社会が今よりもオープンになるのは望ましいか、という質問では「望ましいと思う」という男性が68%、「望ましいと思わない」という男性が32%、という結果でした。

男性側も今よりオープンになるのを望んでいる人が多い結果となりました。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「望ましいと思う」と回答の男性の意見

・ 仕事中に生理の影響で仕事を休むことは必要だと思います。
・ 社会全体の理解が進めば、デリケートな話題とはいえ改善する余地が生まれる気がします。
・ 不満をもっといってほしいので
・ 調子崩してたり、頻繫にトイレによくいく
・ 女性の体の事はオープンにした方が社会全体の中で守れると思いますのでオープンにした方がいいと思います。
・ 私のように何も知らないような男性もそれなりにいると思うので、理解がある人間が増えたほうが万が一の時に助け合えたりするのではないかと思ったため
・ 女性の生理は普通のことだから。
・ 女性の生きやすさにつながるのなら、望ましいと思います。
・ 辛いと思うので気にしてあげたほうがいいと思います。
・ 女性の生理に関心を持ってサポートする必要があるからです。
・ 女性の地位向上を考えた時に、話せないために不利益を受けるようなことがあってはいけないと思います。
・ 男性も自分事して受け止める必要性を感じる。
・ 生理は女性なら誰にでもあるもので恥ずかしいことではないから。
・ 何でもオープンにしてほしいからです
・ 休暇等はしっかりとれるようになった方が良いと思う。
・ タブー視されていたために男性の生理についての知識が少ないように思うから
・ オープンの無いようにもよるが、仕事への対応等理解が深まればよりいいと思う。

「望ましいと思わない」と回答の男性の意見

・ 男女平等として語ることのできない、センシティブな話題であるため。
・ 悩みましたが、専門家に依頼した方がよろしいのではないかと。
・ オープンになったからといって、良いか分からない。
・ オープンにする事で良い方向に進めば良いと思うが、そうなるとはあまり思えないから。
・ 生理や性的な事は個々の問題なので社会にオープンにするべきではないと思っているから。
・ やはり、体のことは個人の判断でオープンされるべき
・ プライバシー的な感じもする
・ 生理について話したくない女性も多いと思うので

Q.4-2 女性の生理に対して社会が今よりもオープンになるのは望ましいと思いますか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「望ましいと思う」が88%、「望ましいと思わない」が12%、となり男性側の意識よりも望む人が多い結果となりました。

当事者の女性の方がよりオープンになることを望んでいる人が多いと言えそうです。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「望ましいと思う」と回答の女性の意見

・ やhり生理痛がひどいのを理解してほしいです。
・ オープンになることで生理について理解してくれる男性が増えると考えるからです。
・ 社会が変わらなければ知る機会がないからです。
・ 気持ちよく制度を利用できると思うから
・ オープンにできないことのほうがおかしいと思う。
・ ホルモンバランスが移り変わると人格が変わると言われるほど重大なことだから
・ 学校教育などでもう少し男性も学ぶ必要があると思います。
・ オープンになることで、生理休暇などが取りやすくなると良いと思います。
・ 生理は汚いものでも、厄介なものでもなく、女性として生きるうえでは欠かせない機能。隠す・避ける・我慢するなどネガティブなイメージが払拭され、男女の隔てなくオープンに扱われるようになって欲しい。
・ 生理に対して理解してもらえるようにオープンにするべきだと思います。
・ 隠すことではない当たり前の事だし、オープンになって大変さや辛さが理解されたら良いと思っているので。
・ 男女それぞれを尊重できるようになれると思うから。現状は女性のハンディとしてとらえられてる。
・ 女性の社会進出が進んでいる今、働く女性も多くいてるのでもっとオープンにして理解を得たほうがよいと思うからです。
・ 今は会社に生理休暇があっても取りにくいので、オープンになればそれもなくなるのではないかと思うから。
・ 生理についての理解が進む。
・ 病気ではないと言われているが、ひとそれぞれ症状が重かったりもするので、もっとオープンになることで、社会全体でサポートできる世の中になってほしい。
・ 女性同士の分断を生まない方向なら望ましいと思います。
・ 生理休暇をとりやすくなると思いますし、生理だから体調が良くないということを理解してもらえれば働きやすくなると思うからです。
・ 生理に対して理解をし、休みやすい環境ができればいいなと思います。
・ 本当に生理痛で苦しんでいる女性が安心して家事を休むことができたり、働きやすくなるから。
・ 隠す意味はないと思うから
・ 生理で制限されることが多いから。

「望ましいと思わない」と回答の女性の意見

・ あの人今生理痛だからとか言われたくない
・ オープンになっても構わない人もいれば、触れてほしくないと思う人も多いと思うため。
・ オープンにはできないです。

Q.5 女性の生理による体調不良に男性側は気遣うべきだと思いますか(男性への質問)

女性の生理の体調不良に気遣うべきか、という質問では「積極的に気遣うべきだと思う」という男性が24%、「必要だと意思表示があれば気遣うべきだと思う」という男性が72%、「あまり気遣いしすぎないほうが良いと思う」という男性が4%、という結果でした。

ほとんどの男性は何らかの形で気遣うべきと考えている結果となりました。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「積極的に気遣うべきだと思う」と回答の男性の意見

・ これはデリケートな問題ですので、女性の方が過ごしやすいように気遣うべきだと思います。
・ 女性の生理の時のしんどさを妻を通して知っているから。
・ お互いに支え合っていくことが大事だと考えられるからです。
・ 体調不良の人に対しては、その原因に関係なく気遣うべきです。
・ 女性特有の症状なので気遣うべきだと思う。
・ 生理だと理由を言わなくても体調が悪ければ休んだり半休などがとれるといい

「必要だと意思表示があれば気遣うべきだと思う」と回答の男性の意見

・ 症状がつらくても、自然を装うことで社会性を保とうとしている女性も少なくないため。
・ 職場では女性一人一人の生理日を把握することは困難です。ですが体調の変化を男性は敏感に察知する事が必要だと思います。
・ 男性には分かりづらいことですが、気遣う姿勢や理解を示す努力は必要だと思います。
・ 難しい問題です。無関心も困るけれど、あまり詳しくてもなんだかなあ。と思います。
・ 男性は大変さが分からないので
・ 積極的に気遣うのも不自然なきがする。
・ 過剰に気遣うのは、相手側も嫌だと思うから。
・ 何かリアクションしてくれなきゃわからないから
・ 以前の会社でしょっちゅう「生理のため休む」女性がいたため、積極的には気遣うことはできない
・ 生理で体調が悪いからと本人が意思表示した時には気を遣うべきだと思います、生理に限らず困っている人や苦しんでいる人がいたら助けたり気を遣うのが人としての常識だと思っているから。
・ 辛いので協力するべきだと思います。
・ 気遣う必要はあるが、度が過ぎると女性だけ特別視することになるから。
・ 自分の中でまだセクハラとのボーダーラインがある。
・ 逆にきにしすぎてキレられそう
・ 気遣われたそうな風潮を感じるからです
・ 触れられたくない女性もいるだろうから、意思表示があったらでちょうどいいと思う。
・ 生理による体調不良は個人差があるようなので
・ 個々人や体調にもよると思うので、意思表示は必要だと思う

「あまり気遣いしすぎないほうが良いと思う」と回答の男性の意見

・ あまり干渉すると、かえってストレスになると思います。

Q.5-2 生理による体調不良に関して、一般の男性には気遣って欲しいですか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「積極的に気遣って欲しい」が20%、「必要だと意思表示したときだけ気遣って欲しい」が76%、「あまり気を使いすぎないで欲しい」が4%、となり男性側の意識と比較的近い結果となりました。

男性側・女性側ともにある程度認識のバランスが取れていることが窺えました。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「積極的に気遣って欲しい」と回答の女性の意見

・ 理由が何であろうと、体調が悪い人には配慮が必要
・ 気を遣って優遇して欲しいです。
・ 生理の際はいつもと同じようにできないこともあるので、気遣いは大事。
・ こちらからは言いにくいので相手に察してほしいです。
・ そのほうが、ありがたいです。

「必要だと意思表示したときだけ気遣って欲しい」と回答の女性の意見

・ 職場で具合が悪くても気を使ってもらえないのでそう思います。
・ 体調不良でどうしようもない時に気遣ってもらえれば十分だと考えるからです。
・ ほんとうにしんどい時は気遣ってほしい
・ 生理痛がきつくて誰かに協力して欲しい事もあるからです。
・ あまり積極的だと恥ずかしいから
・ 最低限の知識を持ったうえで相手に応じて対応してほしい
・ 毎月同じような症状ではないので。
・ 生理による不調には個人差があるので何とも言えないが、生理だからといって特別扱いはされたくないのが本音。辛い時は気遣ってもらうと嬉しいが、それを当然だと受け止めたくはない。
・ しんど過ぎて逆に話すのも辛くて放っておいて欲しい場合もあるので、サポートして欲しいと意思表示した時に手を差し伸べてくれたら嬉しいと思うから。
・ 気遣われるだけだと両性を尊重するかたちではないと感じるから。
・ 無駄に気を使われても逆にこちらが気を使ってしまうので、必要だと意思表示したときだけのほうが助かるなと思ったからです。
・ イライラしてしまうので、気を使い過ぎられると当たってしまうから。
・ 他の体調不良の時と同じで、ちゃんと体調不良として扱ってほしい。
・ 生理前のイライラする時期には、数日後にはおさまるので、自分勝手だなと思うのですが、そっとしてもらえるとありがたいです。
・ 本当に体調が悪くてどうしようもないときはフォローしてくれるなどの気遣いがあると助かるからです。
・ 体調がわるく、どうにもならないときは休んだり、早退してもいいような気遣いがあってほしい。
・ あまり腫れ物扱いされるのも気持ちよくないから
・ 過剰なケアが煩わしいこともあるため。
・ こちらが困っている時は、察していただければ大変助かります。それ以外はスルーで構いません。

「あまり気を使いすぎないで欲しい」と回答の女性の意見

・ 気遣いは必要ありませんが、体調が悪くなることだけは知っていてほしいです。

Q.6 通常の有給休暇と別に女性の生理休暇は必要だと思いますか(男性への質問)

通常の有給休暇と別に女性の生理休暇は必要だと思うか、という質問では「必要だと思う」という男性が76%、「普通の有給休暇を取れば良いと思う」という男性が20%、「その他」が4%、という結果でした。

多くの男性が生理休暇は必要と考えている結果となりました。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「必要だと思う」と回答の男性の意見

・ かつて勤務していた会社は、かなり先駆けて生理休暇を推進していて、好評かつ職場もスムースに回っていたため。
・ 自分の意志だけでは、どうにもならない場合があるため。
・ 体調不良にあたるので
・ 有給以外の理由で休んでも良いと思う。
・ 不定期なものだと勝手に解釈してしまっているのもありますが、あった方が精神的にも余裕がうまれると思うから。
・ うちの会社はもともと生理休暇がああるから。
・ 生理痛の辛さは女性にしか分からない事ですので、生理休暇は必要だと思います。
・ やはり女性のしんどさが理解できるから。
・ 体調第一なので、必要だと思います。
・ すごく辛いと思うのでありだと思います。
・ 体調が悪くなるのなら休むべきだと思う。
・ 女性が働いていく上で、生理休暇は必要だと思います。
・ 女性のみの休暇の必要性があるならば、制度を設けるべきだと思います。
・ それに加えて男性が変な目で見ないことも必要だと思う。
・ 辛い中で仕事をするのは大変だから。
・ 結構ひどいひともいるから
・ 月に数回の生理のために有給休暇を減らされてしまうのは少しかわいそう。
・ 有給休暇だけでは足りないと思うので
・ 現状生理休暇は無給が多いので有給にするかは議論が必要だと思う。

「普通の有給休暇を取れば良いと思う」と回答の男性の意見

・ この件については有給休暇で対応するのが妥当だと思います。
・ ⑤の質問の通りあきらかに嘘とわかるのに上司は何も言えなくなってしまい、男性からすればおかしいのではないかと思う
・ 生理休暇を作ってしまうとストレス休暇も作れという話になってしまいます、生理は病気ではありませんがストレスはうつ病を発症したりパニック障害を発症したり胃腸炎を発症したりと様々な病気を発症する原因になります、こうした事からいちいち何かにつけて生理休暇等という休暇を作ってしまうと社会に不公平感を与えてしまい社会の秩序が保たれなくなってしまうので有給休暇を取れば良いと思うから。
・ 分けずに1つにまとめればいいです
・ 女性のみが対象となる休暇制度は不公平だと感じるから

「その他」と回答の男性の意見

・通常の有給休暇でも対応できると思いますが、場合によっては有給とは別の休暇方法があっても良い気がします。

Q.6-2 通常の有給休暇と別に女性の生理休暇は必要だと思いますか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「必要だと思う」が76%、「普通の有給休暇を取れば良いと思う」が16%、「その他」が8%、という結果でした。

この質問に関しても男性側・女性側ともにある程度認識のバランスが取れていることが窺えました。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「必要だと思う」と回答の女性の意見

・ 痛くて休みたい事があるからです。
・ せっかく制度として存在するし、実際に取得経験がある身としては通常の有給は別に使いたいので必要だと感じるからです。
・ 病気じゃないので休みにくく生理休暇があれば休みやすくなりそう
・ 経血が多いときとかは外出もできないから。有給休暇とはすこしニュアンスが違う
・ 育児休暇、介護休暇等があるなら、生理休暇も1~2日程度あってもいいと思う。
・ つらい思いをしながら働くのも働かれるのも誰にとってもメリットがない
・ 男性に生理などのつらい症状があるかは知りませんが、本当に酷くて診断書などがあれば生理休暇があっても良いと思います。
・ 生理痛が酷い人がたくさん居ると思うしお腹が痛いのに仕事をこなすのは無理だと思うからです。
・ 有給休暇は有給休暇、それを生理で辛いからと消化するのは男女で不平等だと思うので。
・ 不測の事態によるものではない定期的に訪れる不調で休むのだから、有給とは違うと思うから。
・ 普通の有給と生理を一緒にしてほしくない。
・ 特に生理痛が重く、寝込んでしまう人には休みを取りやすい体制を作ってほしい。
・ 毎回ではなくても時々つらい生理日に当たった時は、薬が効くまでの2時間くらいでも休暇がとれたらずいぶん楽だと思うので。生理の日は眠くて目が覚めにくいので有給とは別に、突発的に休みがとれる制度があればいいなと思います。
・ 生理休暇と有給休暇が同じだと、かなり酷い生理痛がある人はせっかくの休暇を生理にとられてしまうからです。
・ 生理休暇のある職場で経理をしていましたが、生理休暇を使う人は1人もおらず、そういった休暇がある事を知っている人も少なかった。有給とは別にもっと取りやすい休暇があると嬉しい。
・ 生理は毎月あるものなので、本当に生理痛がひどいと診断された人は特別に休暇があると良いと思う。
・ 生理の重い人だけ有給など消化されるのは気に食わないから
・ 生理は体調に影響が出るため。
・ 絶対ほしいなと思います。

「普通の有給休暇を取れば良いと思う」と回答の女性の意見

・ 生理休暇と別にされると恥ずかしい思いもあるので、有給休暇として生理休暇分の日数をプラスして欲しいです。
・ 差別などと男性側が言い出しかねないので普通の有給休暇で良いです。
・ 生理でお休みするのであれば、長期間ずっと休むわけでもないので有給休暇で十分だと思うからです。
・ 生理休暇まで設けてしまうと、虚偽で使う人も増えると思うため。

「その他」と回答の女性の意見

・生理休暇は女性の権利なんでしょうか??男女平等を叫ぶのであれば、生理休暇はないのが普通なのではないでしょうか??
・ 有給が増えれば良いと思う。生理休暇という名前では使いづらい。

Q.7 生理がつらくて仕事を休みたいと思う女性はどの程度いると思いますか(男性への質問)

生理がつらくて仕事を休みたいと思う女性はどの程度いると思うか、という質問では「9割以上」という男性が16%、「7〜8割程度」が24%、「5〜6割程度」が36%、「3〜4割程度」が24%という結果でした。

男性の回答にはかなり幅がある結果となりました。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「9割以上」と回答の男性の意見

・ 身近で休んでいる光景を見たため。
・ 生理の辛さに加えて、仕事のストレスもプラスされるのはしんどいと思いました。
・ みんな辛いと言っているからです。
・ たいていの人間は楽したいと思うからです

「7〜8割程度」と回答の男性の意見

・ 生理痛の程度は色々だと思いますので、軽い方もいますので、7~8割程度だと思います。
・ 自分の中では結構いると思う
・ 生理の辛さにも個人差があると思うから。
・ なにもないってひともきいたから
・ 多いのだろうとは思うが、女性も言い出しにくいと思うので正直分からない。
・ 仕事の経験上は2~3割だったので、それよりは多いと思った。

「5〜6割程度」と回答の男性の意見

・ 現在、女性が多い職場に勤務していますが体調不良で休む方は少ないように感じます。
・ 正直想像がつきにくいのですが、半数近くはいらっしゃると思ったからです。
・ 割合に根拠はない。個人的な見解。
・ 知識がないためわかりません。周りに女性があまりいなかったので憶測です
・ 生理は楽な人と辛い人がいると聞いた事があるので大体このくらいなのかな?と思ったから。
・ 現代で9割や7、8割も体調不良の女性が休めないとは考えたくないから。
・ 半分くらいはいるのではないかと考えます。
・ どの程度いるか知りません。
・ 休んでいる人はあまり多くないと思うが、休めるなら休みたいという人は結構いると思うので

「3〜4割程度」と回答の男性の意見

・ 体感的に3~4割でしたが、クールに装っていたケースもそれなりにあるように見えたため、実数はプラスアルファがあるとも思う。
・ 人によって痛さが違うため
・ 自分の家族(親)がその状況で休んだ所を見た事がないので、そこまで多いとは思えなかったから。
・ そんなに多くないと思ってます
・ はっきり分かりませんが、想像で書きました。
・ 薬で軽減したりしてる人もいるのかなと思う。

Q.7-2 生理がつらくて仕事を休みたいと思うことはありますか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「ある」が88%、「ない」が12%という結果でした。

実際には9割近くの女性が仕事を休みたいと思うことがある、という結果でしたが男性側の認識とはやや齟齬がある状況と言えそうです。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「ある」と回答の女性の意見

・ 薬でなんとか抑えて仕事にいっています。
・ つらい時に我慢して出勤しても、業務に支障が出てしまうからです。
・ 生理痛がひどくて気を失ったことがある。
・ 経血で汚してしまった経験があるから
・ 動くのがしんどかったり、眠気がひどかったりで仕事にならないから
・ 身体がだるくて動くのがおっくうになることがある
・ 体がおもく頭が働かないことがあるので休みたいです。仕事どころではありません。
・ 正確に言えば、今は働きに出ていないので辛い時は休めますが、過去にはそういうこともありました。
・ 血の量が多いのでナプキンを頻繁に変えないといけなくて煩わしいし生理痛で仕事がこなせる状態では無いからです。
・ 生理痛が酷くて、腹痛だけでなく片頭痛や嘔吐もあって歩くことも出来ないことがあるから。仕事どころではないから。
・ 強い眠気と腰痛、むくみ、だるさの症状があるから。
・ 腰やお腹が痛くて出勤すらしたくないと思うから。
・ 痛みと眠気で仕事にならない時がある。
・ 座ってるだけでも辛いときがあるので休みたくなることはある。
・ 主婦なので外での仕事はありませんが家事の手を抜くので、これが外での仕事だったら休みたいと思うだろうな、と思ったので。
・ 生理痛がひどい時には、ひどい下腹部痛がしたり、吐き気がしたり、立っているのもしんどい時があるからです。
・ 生理痛が人より重く、薬を飲んでも貧血になったり、動くのが辛いこともある。
・ 時々ですが痛くて何もできないこともあるから。
・ 病気でないとはいえ腹痛や頭痛はしんどいから
・ 特に生理痛のときは痛みで仕事がままならない。
・ 腹痛が酷い時にまともに仕事をしていられなくなるため。
・ 毎回のように思います。

「ない」と回答の女性の意見

・ 休みたいと思うほど生理痛がないからです。
・ 時には少々辛いこともあるが、仕事を休むほどの不便さではない。
・ 今までそこまで生理が辛いと思った経験がないからです。

Q.8 生理で仕事を休む女性について、男性と不平等だと思うことはありますか(男性への質問)

生理で仕事を休む女性について、男性と不平等だと思うことはあるか、という質問では「思う」という男性が20%、「思わない」が80%という結果でした。

男性側でも生理での休暇に関しては一定の理解がある人が多数派という結果でした。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「思う」と回答の男性の意見

・ 個人の感覚や、受け取り方により千差万別。
・ 中には本当に大変な方もいらっしゃるかもしれないが、嘘をついて休む女性が近くにいたため周りに負担がかかっていた。そのような事例を見てきたため不平等だと感じる
・ 男にはそういった休みがないからです。
・ 他人の事は気にならないからです
・ あまり頻度が多いと病院へ行くなりもっと解決法を考えればいいのにと思う。女性ばかり休みが多いのは不平等。

「思わない」と回答の男性の意見

・ 男性、女性が平等でありえるわけがないと考えていて、それぞれ異なる機能をもって生まれてきているなかで、お互いの立場を認め合うことが重要だと思うため。
・ 女性にとっては生理現象なので体調が優れない場合は休みが必要だと思います。
・ 生理は女性特有の物であり、男性側としては当然理解を示さなければならないと感じたからです。
・ 配偶者が辛そうであるので
・ 男性も、同等の何らかの理由があれば休んで良いと思う。
・ 辛い事を辛いと言えない事こそ不平等だと思うから。
・ 女性の辛さがわからないからこれくらいかなと思って
・ これは女性の体の仕組み自体の問題ですので、仕方の無い事だと思います。
・ 男女平等が基本ですが肉体的には男女違う為、不平等とは思いません。
・ 生理に限らず本人が辛いなら休めば良いですし他人が他人の仕事の事をいちいち気にする必要性は全くないと思っているから。
・ 仕方がないことだと思います。
・ 男性もなにかしらの平等な体調に関する休みを取り入れるべきだと思うから。
・ 女性の生理はやむを得ないと思うからです。
・ 体調不良を我慢して仕事をしても誰の利益にもならないと思います。
・ 生理は正当な自然現象だと思うから。
・ 男性にはわからない辛さがあると思うから。
・ 男にはないからしょうがない
・ 男にはない辛いことなので
・ 体調が悪いと効率も落ちるので、休むことを悪いとは思わない
・ 男女の平等、不平等という論点ではないと思う。体調が悪ければ男女問わず休めるべき

Q.8-2 生理で仕事を休む女性について、男性と不平等だと思うことはありますか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「思う」が12%、「思わない」が88%という結果でした。

当事者である女性の方が、不平等だと思わないと考える人が多い結果となりました。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「思う」と回答の女性の意見

・ 女性は生理痛があるので男性と違うと思います。
・ 生理は病気ではないのに、生理を言い訳としてずる賢く利用している女性には閉口する。
・ 男性とは体も体力も違うので。

「思わない」と回答の女性の意見

・ 生理自体が女性特有のものなので不平等と考えること自体おかしいと思うからです。
・ しょうがないことなので。
・ 女性特有の事なので仕方がないと思います。
・ 体のつくりの問題だから
・ 思う人もいれば思わない人もいると思う。理由は何であれ「仕事を休む」事に対して文句を言う人はいる。
・ なにがどう不平等なのでしょうか
・ 本当い辛いので良いと思います。
・ 男性に生理などのつらい症状があるか知らないのですが、男子にそういうものがあれば生理休暇みたいなものを作ればいいと思います。
・ 全く思わないです。男性には生理がないので仕方が無いと思います。
・ 生理現象だし仕方ないと思うから。
・ 休みといっても不調で休んでいるから。
・ 生理は病気ではないですが、毎月女性にだけ必ずあるものです。好きで生理になり辛い思いをして休むわけではないと思うので、不平等だとは思いません。
・ 生理は女性特有のものなので、仕方がないと思うから。
・ 体調不良だからしかたない。他のかぜや骨折などと一緒だと思う。
・ 生理がない男性にとっては不平等とかんじるかもしれないが、生理の大変さについてもっと理解を深めてほしい。
・ 嘘をつく人がいたら信用されないかもしれませんが、実際、自分の学生時代も、娘たちの学生時代も、友人を含め、生理痛でつらい思いをしている姿をたくさん見ているので、このままの方が不公平だと思うのでむしろ是正されるべきだと思います。
・ 生理は男性にはないものなので、男性と比べるのは違うと思うからです。
・ 生理前後は精神的にもイライラしてしまったり、痛みなどは男性にはわからないことなので不平等だとは思わない。
・ 女性として生まれたら生理痛に悩むのは仕方がないから理解してほしいと思うし、不平等ではないと思う。
・ パフォーマンスが下がってる中仕事するよりは休むべきだと思うから
・ お腹が痛くてたまらないときに仕事できますか?と聞きたい。
・ 体調が悪いのは仕方がないため。

Q.9 生理の負担を軽減するために、低用量ピルを今よりも普及させたほうが良いと思いますか(男性への質問)

生理の負担を軽減するために、低用量ピルを今よりも普及させたほうが良いと思うか、という質問では「思う」という男性が60%、「思わない」が40%という結果でした。

どちらかと言えばピルの普及は賛成派が多いという結果でした。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「思う」と回答の男性の意見

・ 女性の社会進出を女性が望んでいるのなら、必要だと思われるため。
・ ピルのことはよくは分かりませんが、負担が軽減されるのであれば活用すべきだと思います。
・ 個人差があるため、一概には言えない。
・ 痛さが和らぐと聞いたことがあるので
・ 改善するなら良いと思う。
・ 副作用もあるようだが、一定の効果があるようなので普及させるほうが良いのではないかと思う
・ 低用量ピルが体に与える影響は知りませんが、改善できるなら普及しても良いと思います。
・ 負担を軽減出来るなら単純に良いと思ったから。
・ 必要ならしたほうがいいと思いました。
・ 負担軽減の選択肢が増えるのは良いことだと思います。
・ ただよくわからない。
・ 辛さが緩和されるならその方が良いと思うから。
・ よくわからないけど、使ってる人いるから
・ 負担が軽減できるならもっと使う人が増えたらいいのにと思う。

「思わない」と回答の男性の意見

・ ピルの知識が薄いので回答に困りますが、避妊の為に使用するので有れば副作用もあると思うのでコンドームで対応してはどうかと思います。
・ それの理解がないのでよく分からないため。
・ なるべく自然で薬は使わない方がいい
・ これはお金の事も問題になりますので、強制はしない方が良いとおもいます。
・ 体に悪いと思うからです。
・ 薬には副作用があるから。
・ 低用量ピルはあまり関係がないのではないかと思うからです。
・ ピルはあまりいいイメージがないので
・ どのようなものなのか分からないので
・ 薬自体は体に毒(異物質)には変わりないので慎重に議論すべきだと思う。

Q.9-2 生理の負担を軽減するために、低用量ピルを今よりも普及させたほうが良いと思いますか。(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「思う」が68%、「思わない」が32%という結果でした。

当事者である女性の方が、男性側よりもピルの普及に賛成の人が多い結果となりました。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「思う」と回答の女性の意見

・ 昔私は使っていました。
・ 個人的には服用に抵抗がありますが、ピルに助けられる女性も多くいると思うので普及した方が良いと考えるからです。
・ 生理の負担軽減できるなら普及させた方がいいと思います。
・ 昔と違って今は子供を産む女性が少ないのと数も少ないので、生理が体に負担をかけていると聞いた事があるので
・ 選択肢を広げるのは良いことだと思います
・ あくまで個人の自由だと思いますが、普及した方が良いと思います。
・ 低用量ピルの使用に関してネガティブなイメージがあり過ぎる。初潮を迎えたら、定期的に相談の出来る婦人科医師とのつながりを確立し、生理のコントロール方法に関してどのような選択肢があるのかアドバイスを受けるべきだと思う。必要であれば低用量ピルも積極的に処方されるべき。
・ 毎月来る生理は女性の負担になるので負担を軽減する為に普及させて欲しいです。
・ 使ったことはないけど楽になるのならもっと知名度を上げたほうが良いと思うから。
・ 自分も使用するか検討中ですが、生理症状緩和ができると最近まで知らなかったのでもっと早く知りたかったから。
・ 少しでも生理の負担が減り、女性が楽になるのであればその方が良いと思うからです。
・ 利用するしないに関わらず、選択肢が増えることは良いことだと思うから。
・ 痛みを我慢するという考え方は古い。楽になるのならそれにこしたことはない。
・ 使用したことはないが軽減できるなら良いと思うが、使用するリスクなど詳しく知る必要があると思う。
・ それで楽になって生理のことを気にせずイキイキ過ごせるなら良いと思う。
・ 選択肢のひとつだから
・ ピルを使用することで救われる女性が沢山いると思う。

「思わない」と回答の女性の意見

・ 自然的な感じがしない
・ 副作用がゼロではないので、選択肢として与えるだけでいい
・ 副作用が心配なので。
・ ピルに関しては世代の差かもしれませんが、とても抵抗があります。大学生で一人暮らしをしている娘が、生理痛で通院したらピルを処方され、帰省した時に知りとても驚きました。親世代の認識を改めないといけないのかもしれません。勉強不足で申し訳ありません。海外在住ママさんのブログなどでピルの良さを読み、少しずつ認識を改めているところですが、まだ抵抗があります。
・ 低容量ピルを多用しすぎるのは体に良くないと思うからです。
・ ピルはお金がかかり、病院へ行かなくてはならないうえ、精神的にも負担が大きい。
・ ピルは副作用もあるため。
・ 副作用のあるイメージだからです。

Q.10 低用量ピルを今よりも普及させるためにはどのようなことが必要だと思いますか(男性への質問)

低用量ピルを今よりも普及させるためにはどのようなことが必要だと思うか、という質問では「低用量ピルの情報提供を増やす」という男性が36%、「低用量ピルのイメージアップ」が16%、「値段を安くする」が16%、「ドラッグストアなどで買えるようにする」が20%、「その他」が12%という結果でした。

情報提供の必要性を考える人が最も多い結果となりました。

男性側の各回答の意見は以下の通りです。

「低用量ピルの情報提供を増やす」と回答の男性の意見

・ 情報が十分に届いていないと思われるため。
・ 男性にはピルの知識が少ないので義務教育の段階で男女平等に説明が必要かと思います。
・ 知られていないことが多いので
・ 使う事でどのようなメリットがあるかを知らないと、使おうとは思えないと感じるため。
・ 調べた限り副作用等もあるようなので、安心して使用できるように薬についての情報と使用した方の感想等を気軽にみられるようにしたほうが良いと思った
・ 低用量ピルという言葉さえ私は知りませんでした。情報提供をもっとし正しい知識を多くの男女に知ってもらうのが良いと思います。
・ 避妊のイメージが今は強いかなと思う。
・ 使う使わないの前に知識が無ければどうしようもないから
・ 良い部分悪い部分をしっかり伝えていくべきだと思う。

「低用量ピルのイメージアップ」と回答の男性の意見

・ まだあまり良いイメージが、無い気もする。
・ イメージが悪いと思います。
・ 原罪はあまりいいイメージはないと感じるからわ、
・ 避妊のイメージしかないから

「値段を安くする」と回答の男性の意見

・ 女性が安心して買い求められるお値段ならば、不安や経済的な負担も解消されると感じたからです。
・ 芸能人や企業社長みたいにお金持ちには関係ありませんが、一般の社会人は給与が安く経済的に余裕はありませんので値段が安ければ安いほど手に取りやすいと思うから。
・ 経済的に負担にならないほうがいいと思いました。
・ 定期的に必要なものなので安価な方が良いから。

「ドラッグストアなどで買えるようにする」と回答の男性の意見

・ これも個人的な意見である。通信販売方式がつかえるだろう。
・ いちいち病院に行くより、薬局に手軽に買える方が時短になるから
・ 女性の方は産婦人科に行くことも抵抗があると思いますので、ドラッグストアなどでも買えるようにした方が良いと思います。
・ ドラッグストアであれば購入しやすいからです。
・ 情報を増やすことも大切ですが、実際に買いやすい環境を整えることが必要であると思います。

「その他」と回答の男性の意見

・ 低用量ピルがどんなものかよくわからない。
・ 普及させることにあまり賛成できないので

Q.10-2 低用量ピルを今よりも普及させるためにはどのようなことが必要だと思いますか(女性への質問)

女性側に同様の質問をした結果は以下の通りです。

「低用量ピルの情報提供を増やす」が48%、「低用量ピルのイメージアップ」が8%、「値段を安くする」が8%、「ドラッグストアなどで買えるようにする」が32%、「その他」が4%という結果でした。

女性側の回答として、情報提供が必要と考える人が多いのは男性側と同じ傾向でしたが、「ドラッグストアなどで買えるようにする」という当事者ならではの現実的な回答をする人も多くいました。

女性側の各回答の意見は以下の通りです。

「低用量ピルの情報提供を増やす」と回答の女性の意見

・ 私は内膜症で、低用量ピルで痛みが抑えられました。
・ ピルの正確な情報がないと使用をためらう人がでてくるからです。
・ 敷居が高く感じる人が多いので、まずは情報だけを。
・ そもそも知識がない人が多いと思います
・ 製薬会社の差し金だとしかおもえませんが、まずは情報開示が必要だと思います。
・ しっかり副作用などの情報を得て、本人が決めていくのが良いと思います。
・ 生理症状緩和の効果があることをより多くのひとが知れるから。
・ ピルという名前に良いイメージがないので、ちゃんとした情報共有が必要だと思う。
・ まずは知ることが大事だと思う。やはりオープンになっていないことから知る機会が減っている。
・ むしろ、自分自身がなぜここまでピルに抵抗があるのかを含めて知りたいくらいです。ピルを知った最初が避妊のためのもの、という認識だからかな、とぼんやり思うのですが、そういうことも含めて情報が欲しいです。
・ 情報提供が増えれば自然と試そうとする人が増えると思うから。
・ 安心して使えるという情報

「低用量ピルのイメージアップ」と回答の女性の意見

・ 生理の不調の軽減だけでなく、避妊には絶大的な効果がある。闇・悪のイメージが付きまとうが、前向き・積極的に利用できる仕組みを整えるべきだと思う。
・ ピルに対して、危ないとか副反応があるなどのイメージがあるので、どういったものなのかきちんとアピールしていけばイメージも変わってくると思うからです。

「値段を安くする」と回答の女性の意見

・ 私は経済的に続かなかったから
・ 必要としている人皆んなに使えるようにしたいため。

「ドラッグストアなどで買えるようにする」と回答の女性の意見

・ 医療機関で処方となると使いたくても気軽に使えない女性が多いと思うので、使いたい時にすぐに買えるようにした方が普及率は上がると考えるからです。
・ 手軽に買えるようになったら必要な人は買いやすいと思う
・ 情報が圧倒的に足りないと思う。その上で、買いやすい環境にすればいいと思う。
・ 病院に行かなくても買えるようにして欲しいです。
・ 病院に行くというのがハードル高いので、気軽にドラッグストアで買えたら手を出しやすいから。
・ 簡単に手に入れられるようになれば、手に取る人も増えると思うから。
・ 病院で処方を受けなくても買えるのであれば、ハードルが下がると思うからです。
・ 仕事を休んで病院へ行ったり、土曜日の混む婦人科へ行くのは負担が大きいので、薬局で手に入るだけで負担が大きく減るからです。

「その他」と回答の女性の意見

・ 私は普及させない方がいいと思っています。

ピルの入手はオンライン処方サービスがおすすめ

近年は新しいピルの入手方法として、スマホ等のオンライン診療で処方してもらうケースも増えています。

病院やクリニックに受診する方法に比べ、場所を選ばない、移動時間・待ち時間がない、診療時間がフレキシブル、他人の目が気にならないと言ったメリットがあります。

また、海外の通販や個人輸入のように危険が伴うこともありません。

オンライン診療サービスのおすすめを以下の記事でまとめているのでこちらも確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました